ARG 「Webインテリジェンスとインタラクション」研究会

ARG WI2研究会 (ARG SIG-WI2)
(ウィッツ研究会)

本研究会は,Webを支える計算機科学と技術に関する研究会です.Webに関する技術には,検索技術,パーソナライゼーション,社会ネットワーク分析,オントロジー技術などがありますが,人工知能,データ工学,自然言語処理,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションなどの分野の知見を活かし,新たな技術開発を行う研究を支援します.また,社会科学や心理学など人文社会系の知見も援用し,よりユーザサイドに立ったインタラクションモデルの開発も対象とします.本研究会は,様々なバックグラウンドを持つ研究者が集まり,これらの技術開発のための議論を行うことを目的とします.

お知らせ

発表募集案内

第17回Webインテリジェンスとインタラクション研究会発表募集案内を公開しました.(2021.9.29).→応募要項

参加募集案内

第1回Webインテリジェンスとインタラクションセミナー(いまさら訊けないシリーズ「言語処理技術」)の参加募集案内を公開しました.(2021.6.14).→応募要項

開催報告

2020年11月27,28日にオンラインで第16回WI2研究会が開催されました.技術報告,招待パネルを含め26件の一般講演発表がありました.質疑応答も活発に行われオンラインという初の試みのなか大変盛り上がりました.(2021.1.4).→開催報告

参加募集案内

第16回WI2研究会参加募集案内を公開しました.(2020.11.13).→応募要項

プロシーディングス(予稿集)のお求めについて

プロシーディングス(予稿集)をインターネットで購入できるようになりました.(2016.6.10).→購入案内