第2回研究会オンライン・プロシーディングス | WI2研究会 – ARG SIG-WI2

第2回研究会オンライン・プロシーディングス

セッション1:情報推薦と情報検索(1)
(ロング発表)
1.シームレスな学習環境を可能にするLTI準拠学習支援ツールの実装例と実装方法 [PDF]
多田亮平,湯本高行,新居学,佐藤邦弘(兵庫県立大学)
2.位置情報付きツイート対応付けに基づく観光スポット推薦システムの開発 [PDF]
奥健太,橋本拓也,上野弘毅,服部文夫(立命館大学)
(ショート発表)
3.ついでタスク推薦のためのコンピュータ作業のクラスタリングに関する一検討 [PDF]
藤本拓,伊藤雄一,土方嘉徳,尾上孝雄(大阪大学)

招待講演
T1.漫才のボケに対するツッコミ動作の時間構造 [PDF]
細馬宏通(滋賀県立大学)

セッション2:情報推薦と情報検索(2)
(ロング発表)
4.推薦関係グラフのパターン抽出に基づく商品間の関係判定手法 [PDF]
北山大輔(工学院大学),角谷和俊(兵庫県立大学)
5.属性の組み合わせとその相性に基づく複合オブジェクト検索 [PDF]
佃洸摂,大島裕明(京都大学),山本光穂,近藤賢志
  (株式会社デンソーアイティーラボラトリ),田中克己(京都大学)
(ショート発表)
6.オンラインショッピングのための使用状況の多様性を考慮した商品推薦 [PDF]
財前元希(兵庫県立大学),北山大輔(工学院大学),角谷和俊(兵庫県立大学)
7.料理名のネーミングコンセプト抽出によるレシピ推薦システム [PDF]
橘明穂,若宮翔子(兵庫県立大学),難波英嗣(広島市立大学),
  角谷和俊(兵庫県立大学)

セッション3:ユーザインタフェース
(ロング発表)
8.Nグラムモデルを用いた数式の予測入力インタフェースの開発 [PDF]
土方嘉徳,堀江圭介,西田正吾(大阪大学)
9.XMLスキーマを利用したWebユーザインターフェイス自動生成手法の提案 [PDF]
榎本俊文,鈴木源吾,小林伸幸,星野隆(NTTソフトウェアイノベーションセンタ)
(ショート発表)
10.e-commerce向け商品絞り込みインタフェースに関する基礎検討 [PDF]
早川卓弥,土方嘉徳,西田正吾(大阪大学)

セッション4:分析と評価
(ロング発表)
11.機能の特異性を考慮したサービスインデクシング手法と実装評価 [PDF]
片岡泰之,渡部智樹,田中清,東野豪(NTTサービスエボリューション研究所)
12.Gozen:プレゼン用「ビジュアル・エイド」のあるべき姿 [PDF]
大坪五郎(株式会社ネクスト)
(ショート発表)
13.ツイートの感情抽出の為の顔文字の役割分類 [PDF]
若井祐樹(甲南大学),熊本忠彦(千葉工業大学),灘本明代(甲南大学)
14.参加者の議論能力と役割を考慮したオンライン議論の分析 [PDF]
朱成敏(総合研究大学院大学),武田英明(国立情報学研究所)

セッション5:コミック工学
(ロング発表)
15.コミック工学の可能性 [PDF]
松下光範(関西大学)
(ショート発表)
16.「コマ」への情報付与による電子コミックの感性共有手法の検討 [PDF]
山西良典(立命館大学),杉原健一郎,井上林太郎,松下光範(関西大学)
17.コミックデータ内関係抽出のためのデータフォーマットの提案 [PDF]
水戸拓実,白井涼子,波多野賢治(同志社大学),松下光範(関西大学)

セッション6:言語と動作モデル
(ロング発表)
18.動画中の人の動作を入力情報とする動的計画法を用いた言語生成モデル [PDF]
小林瑞季,小林一郎(お茶の水女子大学),Sergio Gudarrama(UC Berkeley),
  麻生英樹(産業技術総合研究所)
(ショート発表)
19.ノリツッコミに着目したWebからのロボット漫才台本自動生成 [PDF]
真下遼,灘本明代(甲南大学)


注) 各論文の著作権は,著者に帰属します.この研究会での発表は,査読を行ったものではありません.また,提出原稿のPDFファイルをそのまま公開しています(一部図の解像度を変更したものあり).WI2研究会での発表は,将来に他の学会や論文誌に投稿することを妨げるものではありません.
NOTE: All rights are reserved and copyright of this manuscript belongs to the authors. This manuscript has been published without reviewing and editing as received from the authors: posting the manuscript to ARG WI2 does not prevent future submissions to any journals or conferences with proceedings.